キャンプ

【TAOTRONICS TT-BA09 Pro】キャンプで音楽を楽しみたい方必見

プロジェクターが安くなってきたため、アウトドアシアターの環境を準備しやすくなりましたね。

映画ファンとしては嬉しい限りです。

さなみに最近はクリストファー・ノーラン監督作「テネット」を見ました。

リバ
カーチェイスのシーンはダイナミックで、これまで見たこともない映像で面白かったです

 

余談はさておき、キャンプ場で音楽や映画を楽しむと気になるのは音漏れです。

近隣のサイトには迷惑をかけたないのが最低限のマナー。

ワイヤレスイヤホンを使えば解決ですが、だいたい1個しか接続できないので一人でしか聞けなかったり・・・

そんな時におすすめなのはTAOTRONICSのトランスミッターです。

通常1個しか接続できないワイヤレスイヤホンを2個同時に繋げることを可能にする機械なんです。

本記事はこんな方におすすめ

  • キャンプ場で音漏れなく音楽を楽しみたい
  • 夫婦で子供たちが寝静まった後、心おきなくアウトドアシアターを楽しみたい
  • ワイヤレスイヤホンの利用シーンをもっと広げたい

TAOTRONICSとは?

SUNVALLEYグループは2007年にアメリカで創業。
現在は中国深センに本社を構え、アメリカ、ヨーロッパ、日本をはじめ、世界56以上の国と地域で展開するグローバルカンパニーです。

世界最先端クラスの技術を有するパワーサプライブランド「RAVPower」や、優良なコストパフォーマンスで支持を集めているオーディオ・家電ブランド「TaoTronics」などを中心に世界各国で展開をし、ECサイトなどをはじめ多くのショップでベストセラーなどを獲得しています。

出典HP:SUNVALLYグループHP

オーディオ・家電ブランドなので、いろんな製品を扱っています。

わが家ではワイヤレスイヤホンも購入しています。

この値段でありながら十分音楽を楽しめる製品でした。

 

オーディオ製品のみならず、テレワーク用のLEDリングライトや、ファンヒーター、加湿器なども取り扱っていますね。

TAOTRONICS TT-BA09 Pro トランスミッターとは?

TT-BA09Pro 大きさ

公式HPには下記の説明があります。

送信モード(TX):Bluetooth接続に対応していないテレビなどの音源を簡単にワイヤレス化させ、Bluetoothイヤホンへ流します。

受信モード(RX):有線イヤホン・スピーカなどを無線接続したい時、レシーバーモードを通して瞬時にワイヤレスになり、Bluetooth搭載のスマホなどの音楽を無線で楽しめます。

大容量バッテリーが内蔵して、2時間の充電で、約24時間の連続使用ができます。

出典:TAOTRONICS TT-BA09 Pro サイト

さらに二人で同時にワイヤレスイヤホンを繋げることができます。

ワイヤレスイヤホンって1台で一つしか接続できないことが多いので、助かりますね。

TT-BA09Pro 入出力口

入出力は側面にまとめられています。

TT-BA09Pro ボタン類

ボタン類は、電源のオンオフ(長押し)とTX、RXモードの切り替えのみです。

 

ちなみにProと謳われているだけあり、通常版もあります。

Proと通常版の違いは、最大連続使用時間と充電ケーブルです。

通常版は最大15時間まで、充電はmicro-USBですが、pro版は通常版は最大24時間まで、充電はUSB-Cとなります。

リバ
値段も200円くらいしか違わないので、Pro版で良い気がします

基本情報

価格 約4000円前後(Amazonでは300円オフのクーポンなどあり)
本体サイズ 6×6×1.9cm
重量 44g
電源入力 USB-C
充電時間 約2時間
最大連続使用時間 24時間
接続範囲 13m (TX)、11m(RX)
入力出力 Bluetooth SPDIF AUX
付属品 TT-BA09 Pro本体、光デジタルケーブル、3.5mmオーディオケーブル、3.5mm(メス)ーRCA(オス)変換ケーブル、Type-C充電ケーブル

TAOTRONICS TT-BA09 Proのおすすめポイント

①有線接続で2個同時にワイヤレスイヤホンが使えることの喜び

これは同様の製品ならすべてそうなのですが、3.5mmオーディオケーブルを繋げるものはすべて利用可能です。(おそらく)

意外と使用シーンは多いと感じます。

・キャンプでの音楽視聴

・キャンプでのアウトドアシアター

・キャンプでのNintendo switch

リバ
キャンプばっかりですね

生活のシーンではこんな感じですかね。

・テレワークのWEB通話

・家では子供が寝静まってからのTV鑑賞(テレビも無線化できます)

・電子ピアノの音(3.5mm変換ケーブルを使用すれば可能)

・ジムのランニングマシーン

・飛行機の中の動画、音楽

リバ
ちなみにピアノの音の遅延はわからなかったです

②コスパが抜群

TT-BA09Pro 付属品

これだけの付属品が入っており、4000円前後で買えてしまうのはとてもお買い得だと思います。

同じような機能の競合製品(Twelve South AirFly pro)もあるのですが、使用時間は20時間で値段は7000円くらいします。

その分、持ち運びに便利なサイズになっています。

③スタミナがすごい

2時間充電して、連続使用時間24時間です。

かなり長いこと使えますね。

TAOTRONICS TT-BA09 Proの気になるポイント

ペアリング接続のコツが必要

TT-BA09Pro ペアリング

ディスプレイがないので、Bluetooth接続の際にコツが必要です。

Bluetoothに接続されているかは赤いランプをみて判断するしかありません。

説明書にも必要最低限の記載があるだけなので、Bluetooth接続の際は何度か試すことになるかと思います。

「Airpods pro」をつなげる際も一度ではうまくいかず、。、3〜4回試した後に接続されました。

リバ
一度繋がらなくても諦めないことですね。TT-BA09 Proをオンにしてから「Airpods pro」のボタンをオンにするとつながりました

TAOTRONICS TT-BA09 Proまとめ

以上、TAOTRONICSのトランスミッターの紹介でした。

キャンプ以外にも使えるシーンは多く、ワイヤレスイヤホンの利用シーンを広げてくれるのでおすすめですよ!

あわせて読みたい
キャンプ ノイズキャンセル アイキャッチ
【Air pods pro】キャンプでノイズキャンセリングしよう

続きを見る

あわせて読みたい
LG pf50Ks プロジェクター画像
LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS レビュー ファミリーキャンプにオススメの3つの理由

続きを見る

ブログの応援はこちらから!

-キャンプ
-

© 2021 おしゃれキャンプに憧れて