キャンプ

LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS レビュー ファミリーキャンプにオススメの3つの理由

2020年3月18日

突然ですが、キャンプの夜に映画を見たい!と思ったことはありませんか?

リバ
アウトドアシアターって憧れますよね。

また、小さい子供達と一緒にキャンプに行くと、子供達の世話で夜もなかなかゆっくりとできないです。

子供達だけで動画を見ていてくれたら、大人たちはもっとリラックスできるのにと思ったことありませんか?

そんな悩みを解決できるのが、ポータブルプロジェクターです。

ということで、キャンプでも使えるLG LED ポータブル プロジェクター PF50KSを購入しましたので、レビューしたいと思います。

LG pf50Ks プロジェクター画像
デザインはすっきりしていて、小ぶりです

気になるのは、電源がないところでどれだけ動くのか?画像はどれくらいか?ですよね。

ということで、まだ家の中での使用が多いですが、使用感をイメージできるようにレビューしたいと思います。

結論としては、下記のような方におすすめです。

こんな方におすすめ

  • 電源がないところでも使えるポータブルプロジェクターを探している人
  • ファミリーキャンプだが、夜は大人たちでゆったりした時間を満喫したい人
  • キャンプの余暇を充実させたい、最近のキャンプにマンネリ感を感じている人

LG LED ポータブル プロジェクター PF50KSとは?

購入したのはLG LED ポータブル プロジェクター PF50KSです。

公式HPからの製品の仕様は次の通りとなっています。

・最大100インチのフルHD対応ポータブルプロジェクターである

・最長2.5時間バッテリー内蔵

・WebOS搭載、YouTube、Netflix再生対応

・USB Type-C™端子で映像を見ながらの充電が可能

・Bluetooth、スクリーンシェアで完全ワイヤレスを実現

LG製品紹介ページより https://www.lg.com/jp/projector/lg-PF50KS

今回、キャンプで使うモバイルプロジェクター使用するシーンを考えていたので、選ぶ絶対条件は次の点でした。

ポータブルプロジェクターを選ぶ条件

  • バッテリーが内蔵されているタイプである事、できれば映画1本分(2時間ほど)視聴できること
  • コンパクトであること
  • キャンプで使わない時は家庭でも使える画質、明るさであること
  • 値段

その基準で調べた際に、候補として挙がってきたのが、Ankerの「Nebula Capsule II」、BENQ の「GV1」といった製品でした。

それぞれの比較は次のようになります。

  LG  PF50KS Anker Nebula Capsule II BENQ  GV1
バッテリー 最大2.5時間 3時間 3時間
サイズ 17.8 x 17 x 5.2 cm 8 x 8 x 15 cm 8 x 8 x 15.5 cm
重量 998g 739g 708g
画質 600lm 200ANSI lm 200lm
値段 50000円前後 60000円前後 40000円前後

私としては、最終的に3番目の画質と値段を決め手に選び、LG LED ポータブル プロジェクター PF50KSにしました。コストコでセール中ということもあり、値段も手ごろだったのです。

リバ
なんと15000円引きで45000円で購入できました。

ただし、Ankerの「Nebula Capsule II」はコンパクトさ、バッテリー容量、スピーカーの性能、内蔵アプリなどその他の面ですばらしい性能を持っているので、こちらも大変おすすめとなっています。むしろ、スピーカーを別途用意しなくて良いと考えると使い勝手はもっと良いかもしれません。

LED ポータブル プロジェクター PF50KS 本体 性能は?

付属品はACアダプターとリモコンですね。電源ケーブルは少し大きいです。

LG pf50Ks プロジェクター画像 周辺機器
電源が大きいのが玉にキズ?

リモコンはボタンがたくさんありますが、意外とすんなり使い方はわかるようになっています。

LG pf50Ks リモコン

裏側の入力系統はLAN×1、HDMI×2、ヘッドホン×1、USB×2(USB2.0×1、USB Type-C×1)、中央にある丸い部分がリモコンの受信部、その右隣が電源スイッチです。

LG pf50Ks 裏面端子

本体底には三脚用の穴が空いていますので、そこに三脚を取り付けて映写用の台にしています。

LG pf50Ks プロジェクター 裏面 画像
私物のカメラ用三脚が使えました。

ちなみにスクリーンは昔学生時代にサンヨーのプロジェクターを購入した際に頂いたスクリーンがありまして、それを活用しています。リビングシェルロングの天井部のトグルに無理やりかけています。

LG プロジェクター セット

トグルがちぎれそうで怖いですので、いつかは自立式のものを購入したいとは思います。

家での使用はカーテンレールにS字フックで取り付けています。これもカーテンレールが曲がる可能性があるのでおすすめではありません。やはり自立式が使い勝手が良さそうですね。

自宅でプロジェクター

LED ポータブル プロジェクター PF50KS キャンプにおすすめのポイント

①この性能でコンパクト(重量998g サイズ17.8 x 17 x 5.2 cm )

重さは1kgなので、500mlのペットボトル2本分です。

電源ケーブルが少し大きめですが、サイズ17.8 x 17 x 5.2 cmであれば小さなバックに付属品も含めて全て詰め込むことは可能です。

アウトドアにおける荷物は極力少なくするのが良いので、コンパクトであるかは大事ですよね。

他にもっとコンパクトな製品はありますが、画質やルーメンで比較するとLGはバランスが良い気がします。

②画質が綺麗で家庭用としても使える 

もともと、映画が好きで学生時代もプロジェクターを所有していました。

学生の頃にバイト代を貯めて買った20万円のサンヨーのプロジェクターと比べても遜色ない映像表現だと思いました。

リバ
と言っても10年以上前の製品ですので、それだけプロジェクターが進化したってことですね

LED光源で、フルHDという点もポイントが高いですね。

解像度は1,920×1,080ドットのフルHDということで、どうせ見るならやっぱりフルHDが良いですよね。

プロジェクターの映像の明るさはルーメンで表現されるのですが、この機種はルーメンが600lmであります。

他ポータブルプロジェクターでは100〜200mlが多いことを考えると、とても明るいです。

家庭用としても、部屋の電気を消してしまえば、隣の他の部屋の電気が付いていても視聴できる明るさです。

また、LEDランプということで、最大30,000時間ランプ交換なしで使えます。

毎日3時間視聴してもランプは25年以上使用できるということで、ランコストに優れています。

リバ
以前のサンヨー機は8年ほど使用してランプが切れ、交換のランプが3万円だった時に手放す覚悟を決めました。

正直、キャンプに使うとしても年10回も使わなそうですが、家庭で使うことも想定すると、LEDでランプ交換をほとんどしなくて良いというのは嬉しい性能です。

③内臓バッテリーがある

エコモードを最大にして2.5時間です。

家で使用した際はそれを知らずにエコモードを使わず視聴して、バッテリーは2時間も持ちませんでした。

家での使用は電源アダプターを使用し、外ではエコモードを最大にして2.5時間が使い方としてはおすすめです。

さらにはUSB-Cを使ってなら、充電しながらの視聴が可能ということで、USB-Cに電源(W数は30では足りないというネットの話あり)を供給できるポータブル電源を持っているならバッテリーはほぼ無限大です。

LED ポータブル プロジェクター PF50KS 気になった点

①稼働時間 エコモード最大で2.5時間という点

キャンプ場は暗いので、明るさはエコモード最大でも問題ないと思うのですが、音をbluetoothで飛ばした場合に2.5時間もつか不明です。

本体にもスピーカーは付いていますが、家庭で視聴した際に音はほとんど聞こえなかったです。内臓スピーカーの貧弱さは弱点となります。

となるとbluetoothに繋げなくてはいけませんので、それによって稼働時間が短くなることが想定できます。

その点、Anker「Nebula Capsule II」はスピーカーとしてもの性能も抜群とのことで荷物を減らす点ではこちらの方がおすすめかもしれません。

また、2.5時間という時間が微妙であり、夜子供達がアニメなどを見ていると、子供が寝た後に映画などを見る時にはバッテリーがほぼ残っていないことになります。

ちなみにアウトドアで使用した際(外気温7℃、エコモード最小)は1.5時間くらいでバッテリーが無くなりかけました。

②持ち運びのバックがない レンズ部分がむき出し

コンパクトなんですが、持ち運ぶ際のバックがありません。

キャンプ場では何が起きるかわかりませんので、レンズ部のキャップも含めて、別途バックを用意した方が良いかと思います。

リバ
持ち運びバックとして狙っているのはチャムスのハードケースLです。

また、音声などはbluetoothで飛ばせたり、本体もネットに繋がるのですが、ipadなどを繋げて映像を見ようとすると線がごちゃごちゃしてしまいます…

LG pf50Ks プロジェクター ケーブル画像
キャンプ場では少し邪魔になる?

③操作面で癖がある

会社のプロジェクターなどを使っていると、画面の大きさや角度は機械側の操作で変更することはできますが、本機種は本体を移動させて変更するしかないです。

つまりはレンズの焦点距離を手動で変えることができないんです。

もちろん、レンズのフォーカスはレバーでできます。

また、機械のオンオフは本体後部のスイッチをオンにした後、さらに本体上部の電源スイッチをオンにします。消すときは逆の手順ですね。

これは一般的なプロジェクターと比べると一手間多いですね。

ただ、理解してしまえば簡単ですので取り扱いは簡単な部類に入ると思います。

LED ポータブル プロジェクター PF50KS まとめ

結論から言うと、我が家での使用は大満足です。

ニンテンドースイッチを繋いでマインクラフトをしてみたり、youtubeを見たり、ipad とHDMIケーブルで繋いでamazon prime を見ています。

以下の方におすすめですので、気になった方はプロジェクターデビューしてみませんか?

こんな方におすすめ

  • キャンプで余暇を充実させたい
  • 子供達を大人しくさせて、大人はゆっくり自然を満喫したい人(想定)
  • 最近のキャンプにマンネリ感を感じている人にオススメです

Amazon Primeならダウンロードできますので、キャンプでも映画を見れます。

あわせて読みたい
Amazon prime video はキャンプでもおすすめな3つの理由
【体験レビュー】Amazon Prime Video がキャンプでもおすすめである3つの理由

続きを見る

その他我が家のおすすめキャンプ用品です

参考我が家のおすすめキャンプ用品 買ってよかった7選

続きを見る

-キャンプ

© 2020 おしゃれキャンプに憧れて