キャンプ

【メスティンレシピ】2種類のパスタ料理に挑戦

単身赴任も2ヶ月目となり、少しづつ自炊を始めています。

今回は、以前に買ったmili campのメスティンを使用してパスタを作ってみました。

「カルボナーラ」と「キノコとベーコンの和風パスタ」に挑戦してみました。

結論から言うと、料理ビギナーからみて、メステインでのパスタ調理はめちゃくちゃ簡単でおすすめです。

本記事では、料理のビギナー目線でのメスティンを使ったパスタ料理について解説したいと思います。

メスティンでパスタ 準備するもの

まずは調理器具です。

①メスティン

Milicamp 内容

これがないと始まりません。

ちなみに事前にシーズニングをした方が洗い物が楽になるのでおすすめです。

通常サイズのメスティンで話を進めていきます。

前回の記事でも書きましたが、最近はブームの火付け役であるトランスギアのメスティンが転売屋によって高騰していますのでご注意ください。

いろんなメーカーからメスティンが発売していますが、簡単な構造なので性能に大きな違いはないと思います。

リバ
しいて違いを挙げるなら、フタの締まりなどの細かい部分でメーカー間の違いはありそうだと思いました

あわせて読みたい
Milicamp メスティン アイキャッチ
【MILI CAMP】安価なメスティンを炊飯器代わりに買ってみました。

続きを見る

メスティンで料理をする際に注意することは、メスティン一つをフライパン代わりに使うため、具材は少なめで良いということかと思います。

②箸

メスティン内でベーコンやキノコを焼いたり、パスタが引っ付いたりするのを防ぐために必要です。

③ミトン

メステインのフタが熱いので、フタを開ける際に必要になります。

メスティンの場合、本体がとてつもなく暑くなるので、準備しておいた方が良いと思います。

④お皿

メスティンで調理した後にそのままメスティンをお皿代わりに利用して食べるのが楽なのですが、食材を避難させておくための場所としても使えるので一枚はあった方が調理が楽になると思います。

⑤計量カップ

もちろんあった方が良いです。ダイソーで買ってきましょう。

1人前のパスタを茹でる際には200mlの水が必要です。

メスティンのフタに水を入れるとギリギリ200mlとなりますが、カルボナーラなら牛乳を入れたり、卵を溶かす際に必要になります。

メスティンでパスタ カルボナーラ編

まず、カルボナーラの作り方を紹介します。

まず、食材を用意します。

準備する食材

・パスタ1人前

・ベーコン(厚切りがベター、自分が食べたい量)

・とろけるチーズ(1〜2枚)

・コンソメの素(トップバリューの粉タイプ)

・卵の黄身 1個分

・濃厚な牛乳50mg

・水200ml

・オリーブオイル

・ブラックペッパー

カルボナーラ 作り方

次に作り方ですが、順番に紹介します。

①オリーブオイルをメスティンに敷き、 表面の色合いが変わってくるまでベーコンを炒めます。

メスティンでパスタ ベーコン炒め

ベーコンが薄いですね。厚切りを買ってこればよかったとあとで後悔しました。

②ベーコンを炒め終わったら、そこに水200mlを入れ、パスタを投入します。

メスティンでパスタ パスタ茹でる

メスティンの中に入れるためにはパスタは折り曲げないといけないので、パスタが飛び散らないように二つ折りにしましょう。

③パスタを茹でます。

注意点としては、パスタ同士がくっつかないように、さらにメスティンの底にくっつかないように箸でかき混ぜます。

④パスタを食べてみて芯がなくなってきたら火を弱火にします。

7分くらいと言われていますが、きっちりと測っていなくても美味しくできます。

⑤そこに牛乳50mlとコンソメの素、とろけるチーズをちぎったものを入れます。

メスティンでパスタ 牛乳投入

ちなみに、牛乳はクリーミーさを求めて、こちらの商品を使いました。

濃厚な牛乳

⑥チーズがとろけてきたら、火を止め、卵の黄身を入れ、かき混ぜます。

メスティンでパスタ 卵投入

⑦最後にブラックペッパーを振りかけて完成です。

メスティンでパスタ カルボナーラ

メスティンでパスタ 厚切りベーコン

2回目は厚切りベーコンで作ってみました。

水や牛乳は出来上がる頃にはほとんどなくなっていますので、湯切りの必要はありません。

リバ
メスティン料理で素晴らしいのは適当に作ってもそれなりにできてしまうところですね

ブラックペッパーを入れると途端にカルボナーラ感が出ます。

色合いを考えると、最後にパセリやバジルを載せるのも良いと思います。

メスティンでパスタ キノコとベーコンの和風パスタ編

次は和風パスタの作り方です。

準備する食材は下記の通りです。

準備する食材

・パスタ1人前

・しめじ1人前

・ベーコン(厚切りがベター、自分が食べたい量)

・水200ml

・醤油少々 後からでも追加投入すれば味付けできます。

・バター少々

・オリーブオイル

キノコとベーコンの和風パスタ 作り方

流れはカルボナーラとほとんど同じです。

①メスティンにオリーブオイルとバターを投入して、しめじとベーコンを炒めます。

メスティン しめじとベーコンを炒める

レシピによっては、オリーブオイルでニンニクを1かけ炒めてから、しめじとベーコンをバターで炒める方法もあります。

②ある程度炒めたら、そこに水200mlを入れ、パスタを投入します。

メスティン パスタ投入

③パスタを茹でます。パスタ同士がくっつかないように、さらにメスティンの底にくっつかないように箸でかき混ぜます。

④パスタを食べてみて芯がなくなってきたら火を弱火します。(7分くらいと言われていますが、きっちりと測っていなくても美味しくできます)

メスティン パスタを茹で上げる

この頃になりますと、ちょうど水もなくなってきます。

⑤最後に醤油をお好みの味にあわせて入れて、味を調整します。

メスティンで和風パスタ完成

これで完成です。大葉やネギを散らしてもて良いですね。

メスティンでパスタ まとめ

以上、メスティンを使ったパスタ料理でした。

メスティンで料理する際は、炒め物を先に炒めてから、そこに水とパスタを入れて湯切りをせずに作る方法が基本的な調理法になります。

湯切りの必要がないので、もちろんザルが必要ありません。

キャンプでも簡単にできると思いますので、皆様試してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい
ストウブ】 ココットラウンドキャンプで鍋料理
【ストウブ staub】ココットラウンドを使ってキャンプで鍋料理

続きを見る

あわせて読みたい
【ストウブ】 ココットミニで 食卓を華やかに
【ストウブ】ピコ ココット ミニで食卓を華やかに

続きを見る

ブログの応援はこちらから!

-キャンプ
-

© 2021 おしゃれキャンプに憧れて