キャンプ

【初挑戦】 北海道 家族で冬キャンプ まあぶオートキャンプ場に行ってきました 深川道の駅編(その2)

2020年3月31日

北海道初の冬キャンプ、二日目そして、帰りにふかがわ道の駅「ライスランド」に立ち寄りましたので、報告したいと思います。

夜は寒かったので早々と就寝した前日でしたが、夜の寒さは堪えました。

ホットカーペットの電源が落ちるかもしれないので、中と上の間の温度設定にしたのが悪かったのか、背中はほんのり温かいのにお腹側は寒いという苦行でした。

寝袋が5度まで対応のものだったのも敗因だと思います。

ホットカーペットではなく、電気毛布を複数枚用意した方がW数を考えると心置きなく使えたかもしれませんね。

ちなみに管理人さんに確認したところ、電源は1500Wまでの利用とのこと。

電源サイトを使われる方はご注意ください。

そして、そのあと大変なことが!

夜寝ていて、ふと目が覚めました。寒い!

ホットカーペットの電源が赤く点滅している!気づくと電源が入っていませんでした。理由はわかりませんが、電源が落ちたのかもしれません。

凍える体に鞭打ちながら、外のコンセントが抜けていないかを確認し、ホットカーペットの電源を入れ直しました。結局原因は分からずじまいです。

そのあと、ポータブル電源のスイッチを入れ、電気毛布を被りながら眠りにつきました。

外気温は-4℃、電気毛布中の温度設定で、10:00-6:00の間で残り91%から1%でした。

私のポータブル電源では電源なしサイトで家族キャンプするには容量が足りないかもしれませんね。

ちなみに私が所有しているのはjacklyのポータブル電源(311Wh 定格出力200w)です。

参考【災害対策】2020年ふるさと納税でキャンプグッズGET

続きを見る

チェックアウトは11:00でしたので、朝はゆっくりと寝て、昨日のおでんの残りを食べ、子供達と長縄をして家族の時間を過ごしました。

リバ
チェックアウト11:00は助かります〜

ちなみに前回、夏に行った際はセンターハウスの中ではポスターカラーを使って石に絵を描いたり、イモを掘ったりすることができました。

子供たちにいろんな経験をさせてあげられますね。

ゴミは捨てて帰ることが出来ます

リビロンをサクサクっと片付けて、センターハウスの前のゴミ箱にゴミを捨てて帰路につきます。

帰りは、深川 道の駅「ライスランド ふかがわ」に寄りました。

キャンプ場でもらったMAPに書かれていて気になっていたんです。

想定していたよりも魅力的な道の駅でした。

住所 深川市音江町字広里59番地7(国道12号、国道233号沿い)
TEL 0164-26-3636
休館日 年末年始(12/31~1/2)
開館時間
1F店舗 9:00~19:00(6月~9月)、9:00~18:00(4月・5月・10月)、9:00~17:00(11月~3月)
※営業時間等を変更する場合があります。
※GW期間は、9:00~19:00
レストラン
2Fレストラン 11:00~21:00(6月~9月)(ラストオーダー20:00)、11:00~19:00(左記以外)(ラストオーダー18:30)
※営業時間等を変更する場合があります。
※GW期間は、11:00~21:00(ラストオーダー20:00)

ライスランドふかがわ 公式HPより
中には色々な特産物、お米やスイーツがありました

深川はいろんな特産物があるんですね。お肉やお米も有名なようです。

小ぶりでかわいいですね

お昼はおにぎり屋さんの「かっぽうぎ」で一人一つおにぎりを買いました。

手作り感があり、買った直後はまだ温かったです。

一つ一つのボリュームはすごかったです

スイーツはこめッち(っがカタカナがポイント)は大判焼きのような生地を想像していましたが、ホットケーキのようにふんわりしていました。

味はカスタードりんご、桜餡、カスタード、あんこの4種類がありました。

こめっちの袋はかわいいです

カスタードりんごの中にはりんごがゴロッと入っていました。カスタードと絡まって、おいしかったです。

ただ、今回はキャンプ後で疲れていて、隣のスーパーや道の向かいにあった焼き鳥屋や魚屋にも訪問できませんでした。

次回はキャンプ前に道の駅で食材を買っていきたいと思います。

以上、初冬キャンプ体験レポートでした〜

-キャンプ
-

© 2020 おしゃれキャンプに憧れて