キャンプ

【2020年版レポート】アカイガワ・トモ・プレイパークは自然の景色が映えるキャンプ場

連休に急にキャンプに行きたくなりまして、予約不要のキャンプ場に行ってきました。

ということで、今回はアカイガワ・トモ・プレイパークのレポートをしたいと思います。

結論から言うと、札幌から1時間30分でいける自然が映えるキャンプ場でしたよ。

この記事はこんな方におすすめ

  • 札幌から近いキャンプ場に行きたい
  • 子供たちが遊べるアクティビティがあるキャンプ場を探している
  • 自然の景色が豊かなキャンプ場でゆったりしたい

アカイガワ・トモ・プレイパークとは?

赤井川キャンプ場 テント

北海道の余市郡 赤井川にあるキャンプ場です。

札幌から1.5時間ぐらいの距離で行ける予約不要のキャンプ場となっています。

入場料金や設備をまとめてみました。

住所・アクセス

赤井川キャンプ場 地図

出典:アカイガワ・トモ・プレイパーク

〒046-0552 北海道余市郡赤井川村明治56 (0135-34-7575)

札幌からは札樽道 朝里ICもしくは小樽ICを下りてから道の駅あかいがわの交差点より国道393号線(メイプル街道)を南下

フリーサイトの場合は予約なし、グランピング施設は要予約です。

チェックインは10:00〜、チェックアウトは〜13:00となります。

コロナ禍の対応ですが、入場組制限あり 大人150名まで(通常300名)となります。

料金

入場料

自動車 1,100円
キャンピングカー 2100円
バイク 500円

セミオート

大人(中学生以上):1,100円

小人(小学生):500円

幼児:無料

ビギナーズパック 〜4名さま 手ぶらでキャンプパック:1セット:7,500円〜12,500円

スノーピークのヴォールトとヘキサタープが建てられているセットになります。そのほかにも備品がついているので本当に手ぶらでキャンプができますね。

5名以上はグロッケ24となります。:28,000円

大人数で利用すればそれほど高くないかもしれませんね。

ちなみにセットはこんな感じとなります。

グロッケ24

グランピング

赤井川キャンプ場 住箱

スノーピーク 住箱3台 チェックイン前日の11時まで予約可能(0135-34-7575もしくはオンライン予約)

平日(金以外)、日曜、祝日:1泊大人2名16,000円

平日金曜日:1泊大人2名17,500円

土曜日:1泊大人2名20,500円

お盆期間、GW:1泊大人2名23,500円

追加料金 大人1名5,000円、子供1名3,000円

シャワー

ビジターセンター内、グランピング宿泊者のみ利用可能です

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ドライヤーなどの備品はありますが、タオルはありません。

トイレ

赤井川キャンプ場 トイレ

ビジターセンター(17時まで)、テントサイト内に1棟あります。

男子トイレは大は洋式が3台、小も4台あり清掃されていて綺麗です。

新築のようなピカピカまではいきませんが、綺麗なトイレだと思いました。

10月に行った際は虫も全然いませんでした。

ビジターセンター内にはもっと綺麗なトイレがありますが、10:00〜17:00の利用となります

炊事場

赤井川キャンプ場 炊事場

テントサイト内に2つあります。

サイトの中央にある方は多くの方が利用していましたが、もう片方の入り口に近い方の炊事場はあまり利用者がいませんでした。

炊事場をゆったり使いたい場合はこちらに近い方がおすすめです。

設備、物販

赤井川キャンプ場、ビジターセンター

キャンプ場は受付はビジターセンターになります。

ビジターセンターは西洋風の建物になっており、雰囲気を楽しめます。

男性トイレまでの道は洞窟のような廊下を移動します。

リバ
キャンプ気分が上がりますね

赤井川キャンプ場 ビジターセンター 廊下

ビジターセンター内では受付の入り口付近では地元の野菜(すべて200円!)とコーヒーが打っています。

赤井川キャンプ場 野菜

リバ
わが家はトマトとニンニクを買いましたがどちらも美味しかったですよ!

コーヒーは豆とインスタントが売っています。

赤井川キャンプ場 コーヒー

また下記物販も購入することができますので、忘れ物があっても安心ですね。

ちなみに自動販売機もセンター前にありますので、ジュースなどはここで買うことができます。

◆物販品

・木炭:¥800

・焚き火用薪:¥900

・スウェーデントーチ:¥1,500

・ミネラルウォーター:¥200

・虫除けスプレー:¥1,200

・ロック氷:¥500(夏期~)

・着火剤:¥300

◆レンタル品

・空中テント(レクチャー付):¥3,000 ※貸出休止中

・テント(SNOW PEAK エントリーパック):¥3,000

 ※貸出休止中

・レンタル焚火台:¥1,000

・レンタルBBQコンロ:¥2,000

・レンタルランタン:¥1,000

・レンタル寝袋:800 ※貸出休止中

・レンタル寝袋&マットセット:1,000 ※貸出休止中

アクティビティ:フィッシング、パンプトラック

出典:アカイガワ・トモ・プレイパーク ホームページ

その他

ペット:ペットを連れてきているキャンパーも多く、広大なサイトの中で走り回ることができます。

花火:センターハウス前の砂利エリアのみ、手持ち花火○

ゴミ:持ち帰り

お風呂:車で10分ぐらいの距離にあります。キャンプ場からは歩いてはいけませんね。

カルデラ温泉 保養センター

〒046-0501 北海道余市郡赤井川村字赤井川71番地2
電話 0135-34-6441 FAX 0135-34-6699

営業時間 10:00〜21:00、大人400円、小学生200円、幼児無料

アカイガワ・トモ・プレイパークのおすすめポイント

①サイトの景色が映えるキャンプ場

アカイガワキャンプ場 ロケーション

白樺の林の中にキャンプ場があります。

国道は近いので車の音も聞こえますが、朝はキツツキが見えたりして自然を感じることができます。

今はコロナ禍で入場も制限しているので、キャンパーの数もそこまで多くないため、他のキャンパーの声も聞こえないぐらいの静かなキャンプ場でした。

赤井川キャンプ場 テントサイト広場

テントサイトの中央部分はあまりキャンパーもいないため(車から遠くなってしまう〉、ボール遊びをしても他のサイトの邪魔になりません。

リバ
とはいえ、ボールの行方にはご注意ください

また、入場料さえ払えば場所の規定はありませんのでグループキャンプには最適だと思います。

実際、5家族くらいが集まってキャンプをしているグループもいました。

赤井川 キャンプ場 川

キャンプ場のすぐ近くを川が流れています。魚も釣れるようですよ。

②セミオートキャンプ場

赤井川キャンプ場 マップ

車はテントサイト周辺の丸太の内側ならどこでも止めることができます

場所によっては少し距離があることがありますが、概ねオートキャンプのように使えます。

さらに予約は不要なので、急遽キャンプに行きたい場合でも利用できるのが嬉しいですね。

③アクティビティが豊富

アカイガワ パンプトラック

アクティビティはキャンプ場から少し離れた場所でフィッシング、ビジターセンターの前ではパンプトラックのコースがあります。

少しお値段はしますが、装備はレンタルできるので、手ぶらでも遊べますよ。

キャンプ利用者は30分のお手頃な値段で体験できますので挑戦してみてはいかがでしょうか。

リバ
うちの子供は2時間コースに挑戦し、2時間休みなくぶっ続けにパンプトラックしていました。恐ろしい子・・・

また、これはアクティビティなのか分かりませんが、キャンプ場近くにある赤井川 道の駅では変わったソフトクリームを食べることができます。

メイプルビーンズソフト

リバ
いくらじゃないですよ、メイプルビーンズです

地元の野菜も売っているので、キャンプの食材をここで調達しても良いですね。

赤井川 道の駅

アカイガワ・トモ・プレイパークの気になるポイント

①自然に近い環境の分、装備が重要

赤井川キャンプ場 泥道

おすすめポイントにも書きましたが、自然に近い分、雨が降った後の道路は土で盛り上がっています。

車のタイヤや靴は泥だらけになりますので注意です。

また。街頭もほとんどありませんので、夜中は本当に真っ暗です。

炊事場の電気は最低限ですし、トイレはテントサイトに一つしかありませんので、暗闇の中キャンプをすることができます。

リバ
私はその環境がうれしかったですけどね、星が綺麗に見えました

②予約不要のため、人気

入場制限をしており、予約不要のキャンプ場なので、シーズンや連休は人気で、早々と入場が打ち切られるとのことです。

連休時には10:00にはもういっぱいになってしまったとか。

リバ
わが家は連休だったため、それを見越して9:30ごろにキャンプ場についたのですが、結局入場制限になることはなく、チェックインの13:00まで待つ羽目になりました・・・・

また、広大なテントサイトといえど、大人300人が入ると少し窮屈かもしれません。

今は入場制限がありますので自然を満喫できますし、隣のサイトも距離があるので静かにキャンプができますよ

③国道393号線は警察の取り締まりに注意

時間帯によっては、白バイやオービスの取締りがあるそうです。

国道393号線は速度を出しがちな山道なのですが、所々に小道があり、そこにスピード違反を取り締まる警察がいるそうです。

リバ
速度の出し過ぎにはご注意ください

アカイガワ・トモ・プレイパークのまとめ

以上、アカイガワ・トモ・プレイパークのキャンプ場レポートでした。

札幌からも近く、予約不要で自然を満喫できるので、ファミリーキャンパーにはもちろん、グループキャンプ、離れた場所なら静かなのでソロキャンパーにもおすすめですよ!

予約がいらないキャンプ場 まとめ

あわせて読みたい
予約がいらない 北海道キャンプ場 安平町にあり⁉︎ アイキャッチ
【北海道キャンプ場】予約がいらないキャンプ場は安平町にあり!

続きを見る

比較的予約が取りやすい まあぶオートキャンプ場もおすすめ

あわせて読みたい
まあぶオートキャンプ場 アイキャッチ
2020年6月版 まあぶオートキャンプ場でファミリーキャンプを満喫しよう

続きを見る

-キャンプ
-

© 2020 おしゃれキャンプに憧れて