キャンプ

【レビュー】RAVPower モバイルバッテリーはキャンプでも使えるのか調べてみた

最近はバッテリーの進化により、電化製品を持ち込んで快適なキャンプができるようになってきました。

わが家でもJVCのポータブル電源を使っており、LGのポータブルプロジェクターや電気毛布を使って快適なキャンプをしています。

リバ
キャンパーの方からすれば文明の力に頼るのは邪道かもしれませんが・・・一度知ってしまうと抜け出せないのが快適キャンプです

今回、AmazonのセールでRAVPowerのモバイルバッテリーRP-PB201を購入しました。

RAVPOWER モバイルバッテリー

60WまでUSB-Cで出力可能なので、理論上はPD充電が可能なLGのプロジェクターでも使えるということでその予備電源として買いました。

リバ
モバイルプロジェクターって省エネ設定で3時間しかバッテリーが持たないので足りなくなる時があるんですよね
合わせて読みたい
LG pf50Ks プロジェクター画像
LG LED ポータブル プロジェクター PF50KS レビュー ファミリーキャンプにオススメの3つの理由

続きを見る

ということで、LGのプロジェクターも充電できるかどうかも含めて本製品をキャンプでも使えるのかをレビューしたいと思います。

めちゃくちゃニッチな用途ですね
悩む猫

結論から言いますと、サイズは少し大きいですが、キャンプでも十分に使えるモバイルバッテリーだと思いました。

本記事はこんな方におすすめです

  • 60Wで出力可能なモバイルバッテリーをキャンプで使えるのか知りたい
  • 日常でもアウトドアでも使えるモバイルバッテリーを探している
  • Amazonで安く買えるRAVPowerのモバイルバッテリーの性能が知りたい

RAV power とは?

SUNVALLEYグループを親会社に持つ中国の会社です。

販売している商品は充電器やモバイルバッテリーとなっています。

Amazonでも定期的にセールをしており、購入する方も多いのかレビュー数も多いです。

モバイルバッテリーで有名なAnkerと似ていますね。

リバ
レビュー数は多いのでサクラの可能性は少ないと感じます

SUNVALLEYグループは2007年にアメリカで創業。
現在は中国深センに本社を構え、アメリカ、ヨーロッパ、日本をはじめ、世界56以上の国と地域で展開するグローバルカンパニーです。

世界最先端クラスの技術を有するパワーサプライブランド「RAVPower」や、優良なコストパフォーマンスで支持を集めているオーディオ・家電ブランド「TaoTronics」などを中心に世界各国で展開をし、ECサイトなどをはじめ多くのショップでベストセラーなどを獲得しています。

出典:SUNVALLEY JAPAN

リバ
ちなみにMONOQLOなどのレビュー雑誌もで度々、高評価で出てくるオーディオブランドの「TaoTronics」もSUNVALLEYグループですね

今回紹介するのはその中でも「RAV Power モバイルバッテリー RP-PB201」です。

RAV Power モバイルバッテリー RP-PB201 とは

RAV power 付属品

RAV Powerの中でもハイスペックなモバイルバッテリーとなっています。

基本情報

価格:7,999円(税込)

製品サイズ:約 151.7 x 66.7 x 25.2 mm

重量::約 371.7 g

バッテリー容量:20000mAh

充電時間:最短約 3 時間 (USB Power Delivery対応の30W充電器で充電した場合)

カラー:ブラック、ホワイト

その他:パススルー充電対応

対応機種:

・スマートフォン
-iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max/XS/XS Max/XR/X/8/8 Plus
-Galaxy S10/S10+/S9/S9+/NOTE 9/ NOTE 8
-HUAWEI Mate10/Mate20Proなど
-Google Pixel 2/3/3 XL

・タブレット端末
-iPad/iPad Proなど
-SAMSUNG TabPro Sなど

・ノートPC
- MacBook Air 13インチ (2018) / MacBook 12インチ / MacBook Pro 13インチ / MacBook Pro 15インチ/ MacBook Pro 16インチ
-HP Elite X2/X3/ENVY Notebook

・その他のUSB-C機器
-Nintendo Switchなど

非対応機種
HUAWEI P20 Pro
Dell Latitude 12 (7275)
Dell 2020 XPS 13 9310/9300
HP EliteBook 1050 GI(150W)

付属品:

モバイルバッテリー RP-PB201 本体

USB Type-C ケーブル (60cm)

取扱説明書(日本語対応)

本体には電源ボタン、バッテリー残量を確認できるLEDライト、そして、USB-A、USB-Cポートがあります。

電源ボタンを押すとLEDライトがつき、バッテリー残量を確認することができます。

RAV power LEDライト

バッテリー残量が100%:ライト4つ点灯、75%:ライト3つ点灯、50%:ライト2つ点灯、25%:ライト1つ点灯となっています。

ライトは4つしかないので、80%とか半端な場合にどのような基準でライトが点灯するのかはよくわかりませんでした。

充電してしばらくはライトが4つ付いているので、バッテリー残量が75%を下回るまではライトが4つ点灯しているのかもしれません。

充電方法はUSB-Cポートにケーブルを取り付けて充電します。

RAVpower 充電方法

私はMacbookair 2020に付属していましたUSB充電器で充電しています。

RAV power モバイルバッテリー RP-PB201のおすすめ点

①急速充電、PD対応

RAVpower ポート

搭載されたUSBポートはtype-Aとtype-Cの2種類です。

それぞれが、急速充電規格であるPower Delivery・Quick Charge 3.0の対応しています。

この二つがあれば充電できないデバイスはないのではないでしょうか。

夏であれば、USB充電対応の扇風機やサーキュレーターが使えそうです。

 

 

冬ではUSBの電気毛布などもあるので、そう言ったものに使うのはありですね。

ただ、Amazonで調べてみても、USBタイプの電気毛布はまだ出力が足していないものが多く、温まらないという口コミが多いので注意です。

リバ
ちなみに冒頭でお話ししていたLG プロジェクターPF50KSも充電可能でした

RAV Power プロジェクター充電方法

モバイルバッテリーを繋げると約1時間で充電が可能でした。

バッテリーのLEDランプはライト4つ点灯のMAX充電からライト2つまで減りましたので、2回ぐらいは充電できそうです。

LG PF50KSはモバイルでの稼働時間が不安要素でしたので、それが解消され使い勝手がさらによくなった気がします。

PD対応とはなに?

PDはPowerDelivery=パワーデリバリーの略となります。

USB-Cケーブルで利用可能な規格で、これまでUSBケーブルの給電能力は最大7.5Wでしたが、PDなら最大100Wまで給電可能です。

これによって今まで給電にワット数が必要なノートPCなどもモバイルバッテリーで充電することが可能となりました。

リバ
ただし、注意点として、PD対応でも60W以上の給電を可能にするためには、対応したUSB-Cケーブルが必要になります

USB type-Cは最大60Wの高出力なので、Mac book proも充電できます。13インチタイプなら2時間で充電が可能です。

USB type-Aも最大18Wまで出力可能なので、PDに対応していないUSB機器でも充電が早いです。

 [ デバイス別満充電所要時間 ( 0%→100% ) ]

Apple iPhone 11 Pro Max :約 116 分 【 30分で 約 54 %まで充電 】
Apple iPhone 11 :約 99 分 【 30分で 約 58 %まで充電 】
Apple iPhone XS :約 131 分 【 30分で 約 49 %まで充電 】
Samsung Galaxy Note10 :約 82 分 【 30分で 約 46 %まで充電 】
Samsung Galaxy S10 :約 107 分 【 30分で 約 48 %まで充電 】
Apple iPad Pro 11 inch (2018):約 143 分 【 30分で 約 34 %まで充電 】
Apple MacBook Pro 13 inch (2016):約 113 分

出典:RAV power

②バッテリーが大容量

RAV power バッテリー

出典:RAV power

バッテリーは20,000mAhの大容量です。

iphone pro maxなら最大2.6回、ipad pro 最大1.6回、galaxy S10nara最大3.4回充電できます。

リバ
これだけあれば、2泊3日のキャンプでも困ることはなさそうですね

ちなみに国内の機内持ち込みも可能でした。スーツケースに入れていても特に何も言われることもありませんでした。

デバイス別の充電可能回数は次の通りとなっています。

[ デバイス別充電可能回数 ( 0%→100% ) ]

Apple iPhone 11 Pro Max :約 2.6 回
Apple iPhone 11 :約 4.3 回
Apple iPhone XS :約 5 回
Samsung Galaxy Note10 :約 3.4 回
Samsung Galaxy S10 :約 3.4 回
Apple iPad Pro 11 inch (2018):約 1.6 回
Apple MacBook Pro 13 inch (2018) :約 0.84 回
Apple MacBook Pro 13 inch (2016):約 1.3 回

出典:RAV power

③リチウム電池の信頼性

過充電、過放電、漏電などから保護する機能などがありますし、LG化学製 "21700" 円筒形リチウムイオン電池を採⽤しています。

安価な中国製のモバイルバッテリーだと発火したりする問題もあるとききますが、その点電気自動車にも使われているLG社製の電池なので安心できます。

安物買いの銭失いはしたくありませんよね
悩む猫

HPを見ても、不良品の回収などは行っているみたいですので、メーカーとしてのアフターサービスはしっかりされている印象を持ちます。

RAV power モバイルバッテリー RP-PB201の気になる点

①本体が分厚くて重いので、携帯性は低い

バッテリー容量とサイズ、重量は比例しますので、こればっかりは仕方ないですね。

重いと言っても370gほどですので、350mlの缶ビール1本分の重さぐらいです。

私は安心感を持ち歩きたいので、サイズが大きくても、重くても我慢できます。

ポータブル電源を持っていくまでもない場合にはちょうどよい大きさだと思います。

リバ
軽量さを求める方には重いと感じるかもしれませんね

②充電器を別途購入する必要あり

本体の付属品にUSB-Cケーブルしか入っていませんので、充電するためにはUSB-C対応の充電器が必要になります。

わが家ではMac book air 2020の充電器がありまして、それで充電しています。

個人的にはなんらかのUSB充電器は持っているのでエコの観点から付属品なしで問題ありませんが、持っていない人は別途購入する必要があります。

③当たり外れがある

Amazonのレビューを見てみると、幸いにもアフターサポートはしっかりしているとのことなので、購入直後は充電の持ち具合や所有するデバイスに繋いで充電具合とランプの点灯状況を確認した方がよいと思います。

RAV power モバイルバッテリー RP-PB201のまとめ

以上、RAV powerのモバイルバッテリーでした。

バッテリーの容量が多く、PD出力で充電が早いので、キャンプでUSB家電を使いたいのであれば十分に使えると思います。

Amazonでも定期的にクーポンがついていますし、セール時にはさらに安くなりますので、購入するならその時が良いですよ~

 

ブログの応援はこちらから!

-キャンプ
-

© 2021 おしゃれキャンプに憧れて