キャンプ

【キャンプ×ハンモック】自立式3way ハンモックのおすすめ6選

2020年8月25日

またしてもやっちまいました。

キャンプに行かない間にキャンプギアが増えていくという負のスパイラル。いや、正のスパイラルというべきか。

先日、アウトドアショップに行ったのですが、子供が自立式ハンモックを異常に欲しがりました。ハンモックをブランコ代わりにして遊びたいだけだと思ったので、初めは私もハイハイと受け流すつもりでした。。

ですが、よくよく考えてみると、あれ待てよとそういえば昔からこんな願望があったなぁと思い出したわけです。

我が家の願望

  • テントのインナールームで寝ているが、もっと寝心地を追求したい
  • キャンプでリラックスしたい
  • ギヤをひっかけたり、寝袋を干すハンガースタンドが欲しい
  • 北海道で冬場、家の中で洗濯物を干すスタンドが欲しい

リバ
これって3wayのハンモックなら解決できるんじゃないか⁉️

と思った次第です。

ということで、3wayハンモックおすすめ6つを選び出しまして、それぞれを比較して最終的にゆるふわモックを買うことにしました。

ただ、人気のようで残念ながら出荷は9月上旬。

現物はまだ来ていないので使用レビューはできないですが、我が家がなぜ「ゆるふわモック」を選んだのかを紹介したいと思います。

3way ハンモックの候補 6選

3wayハンモックの候補は6つでした。

①ゆるふわモック

ゆるふわモックはハンモックのネットの色が9色(モスグリーン、ブラック、ブラウン、ベージュ、ホワイト、イエロー、レインボー、ポーラーベア、スワロウ)となっています。

スタンドカラーはホワイトとブラウンの2色です。

ハンモックのアーム部分は木製となっていて、アウトドアとの相性は良い気がしました。

ハンモックネットとチェア用のネットは素材を変えており、ハンモックはネットは通気性が高く寝やすいようにハニカム構造のポリエステル素材、チェア用は安定感のあるコットン素材となっています。

オプションとして、ハンモックに使える専用のシュラフがあったり、冬用のファー素材のネットがあります。

専用のイメージサイトがあり、写真や動画は豊富です。

持ち運びに便利な背負えるリュックタイプの収納袋が付属してあるのもポイントですね。

リバ
ただし、サイトの写真が少しふざけてもいるものもあって、メーカーとしては少し心配になったの事実ですね

②ロゴス

ロゴスの3wayハンモックとなります。ブランドとしての統一性、信頼度はあると思いますが、値段は高額です。

ハンモックとチェアのネットはブラウンのコットン素材となっています。

リバ
ネットと同系色のふかふかのクッションがついていますので、枕にしたり、クッションにしたりできます

付属のキャリーバックにコンパクトに収納できます。

③イグニオ


Aplenグループの3way  ハンモックです。

ハンモックとチェアのカラーはアイボリーです。コットン素材となっていますので、アウトドアではフォトジェニックですね。

リバ
アルペンアウトドアーズやスポーツデポで展示してありますので、実際に触れて購入を決めることができるのがメリットだと思います

④FranFran ルボン

フランフラン ルボン ハンモック

ご存知FranFranの3way ハンモックです。

ハンモックとチェアのカラーはホワイト、グレイ、フラワー、ストライプの4色です。

FranFranらしい、フラワー柄やカラフルなストライプ柄が特徴ですね。

リバ
ネットの素材はポリエステル61% コットン32% レーヨン7%と記載がありますので、ポリエステル寄りの肌触りでしょうか

こちらは収納バックがついています。

⑤Hanwa シフラス

Hanwaは日本ブランドであり、2003年に関西で創立された家電、ファンシー商品、レジャー商品を取り扱う会社です。

ネットの色はオレンジ・ブラウン・ネイビー・モスグリーン・ブラックの5色となっています。ロゴスと同様に同系色のクッションがついています。

シフラスの生地の特徴は座りながら足を伸ばせるところです。

シフラス チェア 足を伸ばす

出典:Hanwa Ltd シフラス

リバ
通常のハンモック型のチェアだと足は折りたたまれてしまいますが、これはリラックスできそうです

⑥MRG 3way ハンモック

ハンモックカラーはブラウンとブルーから選べます。チェアのカラーはREDとBLUEのストライプ柄があるのがMRGの特徴ですね。

ハンモックネットはハニカム構造で伸縮性があり、アームにはプラスチック製と比べて耐久力が高い天然木を使用しているので、ゆるふわモックと似ているところがあります。

リバ
この商品もキャリーケースがついています

我が家が選ぶハンモックの条件

ハンモック選びの条件として次の項目を考えました。

基本、キャンプでの利用を考えているので、サイズは深く考えていません。どちらかというと大事なのは収納サイズだと考えています。

3way ハンモックだけでなく、チェアやハンガーにもなることは絶対条件
価格 できる限り安い方が良い
カラー サイトの差し色となるような明るい色があればよし
重量 キャンプでも家でも使うことを考えると持ち運びしやすい重さが重要
耐荷重 大人一人+子供たち二人が乗れる方が良い
収納時サイズ 収納サイズをできるだけコンパクトにしたい
ブランドの信頼性 それなりに有名なブランドが作っている方が安心して使える
寝心地 ハンモックの大きさによって腰が痛くなるのかにも影響してくる
+α それ以外のメリット

わが家のハンモックの条件に当てはめて、各商品を比較すると次のようになります。

ゆるふわ ロゴス イグニオ ルボン シフラス MRG
価格(税抜) 12,800円 27,200円 13,230円 19,800円 18,500円 14,800円
カラー 9色 ブラウン? アイボリー 2色 アイボリー 8色
重量 8.4kg 10.7kg 9.5kg 10kg 9.75kg 9.4kg
耐荷重 330kg 100kg 100kg 100kg 100kg 350kg
収納サイズcm 121×27.5×17.5 120×19×19 115×20×20 110×20×20 115×17×12.5 112×17×13.5
ブランドの信頼性
寝心地 ポリエステル コットン コットン ポリエステル ポリエステル ポリエステル
+α オプション◎ クッション付 Alpenで展示 オリジナル色 クッション付

価格と重量が一番小さいのは「ゆるふわモック」となっています。カラー展開がもっとも多いのもゆるふわモックですね。

収納サイズが一番小さいのは「シフラス」でしょうか。ただし、価格が少し高めです。

結果的に、わが家は価格と重量そしてカラーの豊富さから「ゆるふわモックのイエロー」を選びました。

あわせてAmazonと楽天のランキングを調べてみました。

Amazon ハンモックランキング42位(MRGは37位)でしたが、すべてのハンモックが入っているので3wayハンモックではMRGが1位、ゆるふわが2位と言っても過言ではありません。

楽天 ハンモック人気ランキング(集計日:8月10日~8月16日)2位でした。1位のハンモックは3wayではないので、3wayでは実質1位です。

リバ
売れ筋であることは間違いなさそうです

自立式3way ハンモック まとめ

届くのは9月上旬ですがキャンプ場で使用しましたら、また改めてレビューしたいと思います。

ということで、今回は3wayのおすすめハンモック6選とそれぞれの比較をご紹介させていただきました。

3wayのハンモックをお探しの方に本記事がご参考になりましたら幸いです。

キャンプの寝床はしまドルトンもおすすめです。

あわせて読みたい
キャンプマット問題 アイキャッチ
【キャンプ マット問題】インフレータブルマット+しまドルトンで快適な寝床を!

続きを見る

ロゴスのチェアカバーもリラックスできますね。

あわせて読みたい
ロゴス グランベーシックチェア
【レビュー】ロゴス グランベーシック チェアfor2+専用カバー グランピングにオススメの3つの理由

続きを見る

-キャンプ
-

© 2020 おしゃれキャンプに憧れて