キャンプ

【レビュー】買ってよかったスノーピーク キャンプギア一覧

スノーピークといえば、大手アウトドア総合メーカーです。

「社員である前にキャンパーであれ」という言葉があるぐらい、キャンパーのことを考えてこだわったキャンプギアで有名です。

信頼性は抜群で、ちょっとやそっとじゃ壊れないイメージがあります。

リバ
最近、使用したサバディカルの「スカイパイロット 」が初回で幕が裂けたことを機にアウトドア用品は耐久性と信頼性が大事であることを再認識しました

ただし、注意点もありまして、性能を追求しすぎた故にオーバースペックであったり、高品質すぎたりするものもあります。

そこで今回は、個人的に性能からオススメのスノーピークギアを紹介したいと思います。

ファミリーキャンプ歴8年の我が家で、一軍で使用している商品、使わなくなった商品を紹介します。

本記事を読むとわかること

  • ファミリーキャンプ歴8年のわが家で一軍のスノーピークキャンプギアがわかる
  • 使わなくなったスノーピークのキャンプギアの理由がわかる

買ってよかったスノーピーク キャンプギア一覧

まずは買ってよかった一軍のスノーピーク キャンプギアから紹介していきます。

買って使用頻度が減ってしまったギアもあわせて紹介したいと思います。

リビングシェルロングプロ+インナールーム

鹿公園 リビロン

スノーピークの名作シェルターのビックサイズバージョンです。

わが家ではオプションであるインナールームを取り付けることで2ルームテントとして活用しています。

もともとアメニティドームMのインナーテント をカンガルースタイルにして寝床にしていました。

アメニティドームMのインナールームはサイズが大きくて、どうしてもリビングが狭くなってしまうんですよね。

スノーピーク リビングシェルロング

インナールームは約4万円しますが、買って満足しています。

これがあるおかげでリビングが広くなって、ファミリーキャンプが快適になりました。


リビングシェルの一番の特徴は設営がシンプルで簡単な点です。

一人で立てるのは難しいかもしれませんが、二人なら30分ぐらいで設営が可能です。

通常サイズのリビングシェルも設営が簡単な点で好評ですが、リビングシェルロングはそこに一本ポールを追加するだけで完成です。

 

リビングシェルはメッシュが多いのも特徴で夏でも涼しく過ごすことができます。

リビングシェルロング メッシュ

出典:snowpeak

リバ
冬から夏まで使用できるオールシーズン使用できるシェルターですね

サイドウォールがついており、前方を跳ね上げると横からの視線を隠せるため、リビングは思ったよりも広く感じます。

ただし、前方を締め切ってしまうと、家族4人でギリギリのサイズ感ですね。

余裕を持ちたい場合はランドロックがオススメかと思います。

 

気になる店としてはプロ幕なので、ファミリーキャンプにはオーバースペックであることも気になります。

強風や雨にも強いのは安心してテントの中で寝ることができるメリットがありますが、通常利用だと幕がめちゃくちゃ重いです。

幕だけで20kgありますので、広げるだけでも一苦労です。

リバ
夏場は汗だくになりますね

 

値段は高いのですが、このテント一つあれば、オールシーズン対応でも使えるので我が家的には大満足なシェルターです。

ですが、インナールームも合わせて20万円を超えてしまうため、気になる方はセールをうまく使って購入することをオススメします。

 

初めはインナールームはなくてもアメニティドームSやMのインナーで様子を見るのもありです。

アイボリーもおしゃれですよね!

あわせて読みたい
スノーピーク リビングシェルロングpro ファミリーキャンプ に おすすめの3つの理由
【レビュー】snowpeak スノーピーク リビングシェルロング ファミリーキャンプにおすすめの3つの理由

続きを見る

ソリッドステーク

ワークマンのペグケースとハンマー

鍛造ペグの名作です。

このペグさえあればどんな場所でも安心してテントを固定することができます。

テントに付属しているアルミペグはすぐに曲がってしまいますのでオススメです。

新しくキャンプを始める方はこれは買っておいた方がよいキャンプギア第一位ですね。

リバ
一本ずつの値段はそこまで高くないため、少しずつ集めて行ける手軽さが良いです

我が家はソリッドステーク30と20を常備しています。

テントの固定には30、その他で張りたいロープがある場合には20などを使用しています。


 

耐久性などの信頼性は高いのですが、唯一の欠点はその重さです。

1本180gなので、テント設営に必要なペグの本数を用意すると結構重いです。

最近では、軽いペグとして「打刀」も併用しています。

あわせて読みたい
打刀 ペグ アイキャッチ
【ペグ】おしゃれで実用的な打刀の魅力

続きを見る

ペグハンマー PRO.S

DVERG &NUT スチールツールボックス ペグとハンマーを入れた場合

鍛造仕上げのオールスチールヘッドを使用しており耐久性も抜群です。

5年以上使用しておりますが、使用に問題はありません。

ソリッドステークと一緒に使用することでばっちりテントを固定することができます。

先端を銅にすることによりペグを打ち込んだ際の衝撃を和らげているPRO.Cもありますが、PRO.Sでもペグを打つことに対してまったく問題ないです。


ちなみにわが家のペグケースはドベルグとのコラボツールボックスを選びました。

布製のペグケースはありますが、ペグやハンマーが重いため、形崩れするため、スチール製を使っています。

DVERG &NUT スチールツールボックス ペグとハンマーを入れた場合

あわせて読みたい
キャンプ初心者が揃えるべきはペグとハンマーである
キャンプ初心者が揃えるべきはペグとペグハンマーである

続きを見る

パイルドライバー

パイルドライバー 使用例

ランタンスタンドの概念を変えたワンポールスタンドです。

ファミリーキャンプだと、子供たちがはしゃぎ回っているので通常の3足スタンドだと倒してしまったりするんですよね。

そんな時、地面に打ち込むパイルドライバーがあれば、子供たちの動きにも安心しながらキャンプができます。

使い道としては、ランタンスタンドの他、夜に寝る前にはハンギングドライネットを吊るしたりと多彩な使い方ができます。

気になる点として、ランタンスタンドをネジを回して止めることで、長さを出すのですが、止め方が弱いとストンと先端が中に落ちてしまうんですよね。

これでランタンが落ちてきたこともありました
悩む猫

リバ
あと、収納袋が付属ではないため、別で欲しくなるのは致し方ないですね

 

でも最近はゼインアーツ のオズハンガーが欲しいなと思ったり思わなかったり。

オズハンガー

出典:ゼインアーツ

デザインもさることながら、延長の方法がネジでないため、安定性がこちらの方が高そうなんですよね。

いや、それ確実に買う気まんまんでしょ
悩む猫

使わなくなったスノーピーク キャンプギア一覧

次に使わなくなったスノーピーク キャンプギアを紹介します。

前もってお伝えいたしますが、使わなくなったのはわが家のキャンプスタイルが変わってきたためです。

決して、品質の問題ではありません。

アメニティドームM

アメニティドーム シワシワ

スノーピークの人気テントですね。

リビングシェルロングを設営したあとに、アメニティドームを持つと、その軽さに感動します。

この軽さで高性能であることは、安心のスノーピークであると感じます。

キャンプを始める方にとっては、買って間違いないテントかなと思います。

また、テント自体は自立型なので大型シェルターのインナーテント として使えます。

リバ
わが家ではサバティカル「スカイパイロット 」のインナーテント として活用の幅が広がりそうです

 

使わなくなった理由は、テントにかがんで入るのが辛くなってきたためです。

2ルームテントを使い始めるとわかります。

テントはかがんで入るものではないことに。

リバ
悪天候に強いテントなんですが、そもそも悪天候時にキャンプはしたくないものです笑

出典:楽天市場

また、昔はコスパが良かったのですが、材料費の高騰により値上がりしてしまったことも痛いところです。

あわせて読みたい
スノーピーク アメニティドームがやっぱり使いやすい 3つの理由
【テント】初心者におすすめ スノーピーク アメニティドームがやっぱり使いやすい3つの理由

続きを見る

アメニティタープ ヘキサL

スノピ アメニティタープ

スノーピークのエントリーモデルのタープです。

アメニティドームとセットでリビングを作るために購入しました。

アメニティドームと同じく、軽くて設営もしやすいです。

 

ですが、最近は設営の時間短縮のために2ルームタープを使用しているため、タープの出番が減ってきました。

夏の暑い日にはたまには使おうかと思って保管していますが、結局使わず仕舞いです。

あわせて読みたい
レビュー スノーピーク アメニティタープ ヘキサ 初心者にもおすすめ
【レビュー】スノーピーク アメニティタープ ヘキサLセットはこれ一つで十分な王道タープ

続きを見る

ノクターン

スノーピークノクターン 照明

ノクターンはシンプルなデザインでおしゃれです。

キャンプでの佇まいやそれは高級な燭台のようです。

OD缶と組み合わせたときに主張は抑え目です。

コールマンのルミエールランタンやベアボーンズ  レイルロードランタンといったデザインが好きな人はちょっと物足りなく感じるかもしれません。

また、微妙にケースの蓋が使いづらいのと、あの鉄のプレートがケースに収まりが悪いのも使用頻度が減っている要因です。

ルミエールランタンと迷っている方は、アウトドアショップの店頭にあるノクターンをケースに入れる作業も一度試してみるのが良いと思います。

あわせて読みたい
スノーピーク ノクターン アイキャッチ
【レビュー】スノーピーク リトルランプ ノクターンでおしゃれな雰囲気をGET

続きを見る

買ってよかったスノーピーク キャンプギア まとめ

わが家の個人的な感想をもとによく使っている買った良かったスノーピーク キャンプギアを紹介いたしました。

価格は高いものも含まれていますが、スノーピークのキャンプギアの信頼性は高く、なにより安心してキャンプができることが一番です。

皆さんがスノーピークのキャンプギアを購入する際にお役に立てましたら幸いです。

ブログの応援はこちらから!

-キャンプ
-