キャンプ

キャンプ初心者が揃えるべきはペグとペグハンマーである

2021年1月19日

キャンプを初める方におすすめな道具はいくつかありますが、そのうちの代表格がペグとペグハンマーですね。

いろんな雑誌、いろんなサイトに「キャンプ初心者はペグとペグハンマーは揃えた方がよい」といわれていますが、本当にそうだと思います。

特に鍛造(たんぞう)ペグはどんな場所でも使えて、設営時間も短縮できるため、あるとないとじゃ大違いです。

ということで、今回はキャンプ初心者が揃えるべきおすすめのペグとペグハンマーを紹介します。

ペグはテントに入っている物で十分と思っている方も、鍛造ペグを試してみるとペグってこんなに打ちやすいんだ!となり、世界が変わりますよ。

鍛造ペグとは?

鍛造とは高熱で熱せられた鉄の棒を叩いて成形していく製造方法です。

どんな硬い地面でも打ち込むことができます。

仮に土の中に石があったとしても打ち砕くことができるくらい頑丈です。

テントに付属しているペグは柔らかく、ハンマーで打ち込むと硬い地面だと打ち込めなかったり、曲がってしまったりするんですが、鍛造ペグだとびくともしません。

値段はその分、通常のペグよりは高いのですが、テントの必要な部分だけ鍛造ペグという使い方も可能ですので、徐々に集めて問題ありません。

弱点としては重いことですかね。テントを立てるには8本ほどペグが必要になりますが、それなりの重さになります。

また、砂浜などには弱かったりするんですが、砂浜に近いところでキャンプをしなければほとんど問題になりません。

スノーピーク ソリッドステーク

燕三条に伝わる鍛造方法で作られている鍛造ペグです。

鍛造ペグの名を世に知らしめた超有名ペグですね。

安心のスノーピーク製ですので、迷ったらこれを買っていれば問題はないです。

リバ
ソリッドスネークがいつも頭に思い浮かびます😅

ペグの形状は使い勝手も考慮されており、頭の部分はハンマーが打ちやすいように円形となっておりますし、ペグを地面から抜く時に使える丸い穴も空いています。

長さも4種類あるので、使うシーンに応じて選ぶことができます。

ソリッドステーク 長さ

地面のコンディションやギアに応じて4種類の長さのペグを使いこなす
ソリッドステークの長さは、20cmから50cmまで10cm単位で全4種類。タープのメインの二股ロープには40、サブに30、テントの補強用に20、などと設営するギアや地面のコンディションによって選んで使うことができます。特に50は柔らかいコンディションの地面や砂浜などで効果を発揮いたします。

出典:スノーピーク ソリッドステーク

価格 20cm:320円、30cm:420円、40cm:830円、50cm:1110円
サイズ 300mm(ヘッド部/φ15mm、打込み部/φ8mm)
重量 180g
材質 スチール

村の鍛冶屋 エリッゼステーク

エリッゼステーク

出典;村の鍛冶屋 サイト

同じく新潟県の三条市にあるメーカーのペグです。

通常のブラックはスノーピークのソリッドステークと似ていますが、こちらの特徴は豊富なカラーですね。

写真のカラー意外にもゴールドやシルバーなどもあります。

また、こちらは1本売りではなく、最低4本売りとなっていますのでご注意を。

価格 1,320円
サイズ 18.4 x 2.4 x 1 cm
重量 75g

 

福善刃物工業 打刀

福善刃物工業 打刀

出典:Makuake サイト

もう一つ面白いペグを紹介します。

1940年に創業し、岐阜県美濃加茂市の刃物メーカーの作ったペグですね。

日本刀のようなおしゃれなデザインです。

鍛造ペグって重いんですが、これは厚さ3.5mmで薄いため、8本をスタッキングすることができます。

リバ
もちろん、鍛造ペグと同様の強度があるらしく、とても気になりますね

長さと重さはこんな形です。

突如ゾンビが出てきても武器になりそうなデザインですね。

ペグ打刀 長さと重さ

出典:Makuake サイト

価格は20cm×8本セットで3,400円(税込)となっています。

販売は Fukusen shopとなっています。

気になる方はチェックして見てください。

スノーピーク ペグハンマー PRO.S

スノーピークペグハンマー PRO.S

出典:スノーピーク

鍛造ペグを打つためには、ペグハンマーも頑丈でなければいけません。

その想いから作られたのがスノーピークのペグハンマー PRO.Sです。

持ち手とハンマーヘッドのバランスが良く、簡単にペグを打つことができます。

安いペグハンマーを使うと、ハンマーの先端がペグに負けて取れることもあるみたいですが、この商品ならそんなことは少ないと思います。

また、持ち手の部分についているベルトを握れば、ペグを売っている時に手からすっぽ抜けることも予防してくれます。

ハンマーの後ろ部分にはある突起はペグを抜く時に使います。

特にスノーピークのソリッドステークとは相性抜群なので、ペグハンマー PRO.Sを使えば簡単に抜くことができます。

価格 3,900円(税別)
サイズ φ35×120×290mm
重量 650g
材質 ヘッド/スチール(黒電着塗装)、柄/かしの木

 

銅製のヘッドが打撃時の衝撃を減らすタイプのPRO.Cタイプもあります。

リバ
見た目はこちらの方がおしゃれですが、PRO.Sでも十分だと思います

タラスブルバ  TBハンマー

タラスブルバ  ペグハンマー

出典:スポーツオーソリティ サイト

持ち手のホワイトアッシュとヘッドのデザインが西部劇に出てきそうでカッコイイです。

写真のように栓抜きとしても使えるみたいですね。(それがおしゃれかどうかはさておき)

価格 5,489円(税込)
サイズ 3.5×33×13cm
重量 715g
材質 ヘッド:ステンレス鋼 ハンドル:天然木

まとめ

以上、キャンプ初心者が揃えるべき、ペグとペグハンマーを紹介しました。

わが家もスノーピークのペグハンマーとソリッドステークを使用しており、テントを立てるのに重宝しています。

すべて揃えると1万円くらいになってしまいますが、その後の手間などを考えると十分に元は取れると思いますよ。

あわせて読みたい
レビュー チャムス ハードケース スリム キャンプ用品をおしゃれに収納
【レビュー】チャムス ハードケーススリムでキャンプ用品を華麗に収納

続きを見る

 

ブログの応援はこちらから!

-キャンプ

© 2021 おしゃれキャンプに憧れて