キャンプ

【北海道のおすすめキャンプ場 鹿公園キャンプ場】 札幌から約1時間でアスレチック遊具や鹿とも会えるキャンプ場

2020年5月26日

早くキャンプに行って、キャンプ用品の使用感やキャンプ場をレビューをしたいのですが、5月末までは不要不急の外出を控えるということで、過去を掘り返してキャンプ場をレポートしたいと思います。

本来なら写真多めにレポートしたいのですが、

この時は下ろし立てリビングシェルロングの初張りだったので、写真を撮る余裕がなく、写真は少なめです。

リバ
レポート写真は今後キャンプしたい時に追加したいと思います。

リビロン 下ろし立て

本記事では、下記の方におすすめの記事となっています。

こんな方におすすめ

  • 札幌から1時間で行けるキャンプ場を探す人
  • 子供が楽しめるアスレチックがある公園はないかなぁ
  • できれば動物と触れ合える機会があれば嬉しい
  • 設備が充実しているキャンプ場鹿いかないよ

 

鹿公園キャンプ場とは

本日ご紹介するのは北海道安平町の鹿公園キャンプ場です。

札幌から1時間ほどで行ける鹿公園内にあるフリーサイトのキャンプ場です。

遠くのキャンプ場に行くのも良いのですが、帰りが疲れるので札幌から近いキャンプ場は重宝しますね。

チェックアウトが午前11時なのもポイントが高いです。

住所 059-1942 安平町追分白樺2丁目1番地
予約 2020428日まで、安平町役場建設課 0145-29-7075 (8:30~17:15

2020429日以降は、現地管理棟 0145-25-4488 (9:00~16:00

焚き火 ○(焚火台使用)
ゴミ 分別すれば回収(9:00~16:00
お風呂 ○(ぬくもりの湯)
花火 ○(指定された場所であれば ok9時以降禁止)
ペット
食材

○(スーバーが近くにあるが、小さいので事前に購入が吉、セイコーマートは追分町の中にあります)

禁止項目 直火、発電機
チェックイン 午後1時
チェックアウト 午前11時

鹿公園キャンプ場 料金

(フリーサイト)、予約不要(先着順)町民半額

持ち込みテント、タープ 1000
持ち込みテント、タープ一体型 1600
持ち込み大型テント、タープ(9人以上のもの) 2000

その他料金

キャンピングカーサイト 基本料金1泊1000円 町民半額
施設利用者(テントを使用せずにキャンプ場スペースを使用するもの) 1回1000円 町民半額
BBQコーナー(全4箇所)要予約 基本料金400/1人(小学生未満を除く) 町民半額

10:00~20:00まで連続4時間使用できます。

手ぶらキャンプセット(6人用:大人4人、子供2人、1日5セット限定)【要予約:二日前まで】

12000円/1セットで食材、飲み物以外は概ねセットとして付いてます。

まだテントをお持ちでない人もキャンプを試すことができるのは嬉しいです。

レンタル用品も充実しております。

詳細は公式HPをご確認下さい。

鹿公園キャンプ場 フリーサイト

フリーサイトは2箇所あり、チェックインする際にどちらにするのか選ぶことができます。

第1サイト

第1サイトは、林の中にあり、BBQコーナーと炊事場、トイレが近くにある広場となっています。サイト前にはイベント広場や野外ステージがありますので、イベントがなければここで体を使って遊ぶことができますね。

家族連れはアスレチックがある第2サイトに陣取ることが多いので、第2サイトは比較的静かです。私たちが訪れた際はイベントがなかったのですが、時期によってはイベントをしているみたいなので確認した方が良いかもです。

リビロン 前から

第1サイトはファミリーが少しと、バイクで来たソロキャンパーが3、4名いました。

トイレは洋式もあり、綺麗でした。

問題は、駐車場とサイトまでの距離をあるのでリアカーが必須ということでしょうか。

リアカーは利用者の多い第2サイトに置いてあることが多いので、必要な場合は第2サイトから借りてくるのが良いと思います。

第2サイト

第2サイトは、幼児用遊具やアスレチック、健康遊具が設置されていて、さらにはドッグランまで併設されています。

整備されたのが、芝生は綺麗ですし、駐車場や歩道も舗装されています。

鹿公園キャンプ場 第2サイト第2サイトの写真 公式HPより引用

駐車場との距離は近いので、場所によっては車から近いところにテントを張ることができますよ。

ファミリー層にはとても人気で、良い位置にテントを張ろうと思うと早くからチェックインする必要があるかと思います。

シーズンはめちゃくちゃ混みますので注意です。隣のテントとの距離はほぼないぐらいテントがひしめき合いますので、それが苦手な方は第2サイトの端に構えるか、第1サイトに逃げる方が良いですね。

整備されている歩道ですが、細いのでリアカー同士だとすれ違うのは難しいと思いますので注意です。

また、トイレは一つなので、テント数と比較すると少ない印象を持ちました。

リバ
まぁ、少し歩いて第1キャンプ場の方へ行けばいいんですけどね

第1サイトと第2サイトの移動は1分もかかりません、林の小道を通っていきます。

鹿公園キャンプ場のおすすめポイント

①アスレチック、エゾシカの丘、5つの遊歩道があり、体も心も自然を満喫できます

第2サイト内には木製のアスレチックが10種類設置されています。

鹿公園キャンプ場 アスレチック第2サイト アスレチック写真 公式HPより引用

健康器具や幼児用遊戯もあり、子供達は飽きずに遊ぶことができると思います。

サイトのすぐそばなので親として安心できます。

鹿に餌をやす 娘

エゾシカの丘は、柵で囲まれた鹿の牧場です。

集まっていた子供達は鹿にはその辺の草を取ってきてあげていました。

エゾシカの丘の前には大きな池があります。小さいお子さんは落ちないように注意ですね。

近くには動物の飼育小屋がありましたが、中はよく見えなかったです。

 

また、5つの遊歩道(エジシカの小路、キタキツネの小路、カッコウの小路、エゾリスの小路、キツツキの小路)があります。

春にはミズバショウ、夏にはスイレンなどを見ることができるので、子供達の教育にも良さそうです。

②キャンプ場として設備が充実している方

古いですが自転車を無料で借りることができます。ママチャリや子供自転車もありますので、公園内を自転車で回ることができます。

トイレも綺麗です。我が家はトイレが綺麗なキャンプ場にしか行けないファミリーですが、十分合格点でした。

リバ
欲をいえば、第一サイトの炊事場はもうちょっと綺麗にしてくれてもいいかな

大きなドッグランスペースありますので、ペットも同伴したいキャンパーは嬉しいですね。

 

銭湯が近くにあるのもポイントが高いですね。

橋を渡り、線路の上を跨いでキャンプ場の反対側にぬくもりの湯があります。歩いて10分ぐらいでしょうか。

開館時間はAM11:00~PM10:00、休館日は第2,4火曜日。

料金は大人500円、子供250円、乳幼児は無料で、キャンプ場利用者は少しお得に入れます。

お風呂は露天風呂もありますし、中には売店や小上がりがあり、休みこともできます。

観葉植物に囲まれたリラックススペースもあったりと見所のある銭湯でした。

③札幌から近い

約1時間ですので、札幌から近いです。

キャンプは知らず知らずのうちに疲れがたまっているので、家から近いのは正義です。

札幌から1時間のキャンプ場といえば、「滝野すずらんオートキャンプ場」「マオイオートランド」などありますが、何度も利用してくると新しい刺激が欲しくなってくるんですよね。

鹿公園キャンプ場の気になる点

駐車場からキャンプサイトまで距離があるので、アウトドアワゴンをお持ちなら問題ないのですが、荷物の搬入にはリアカー必須です。

無料で借りることができるリアカーがありますが、混んでくると数が足りなくなりますので注意です。

また、アスレチックに鐘を鳴らすものがあり、朝から子供達が張り切って鳴らすため、鐘の音で目が覚めます。

リバ
ゆっくり寝たい人は注意

鹿公園キャンプ場のまとめ

ということで、鹿公園はこんなキャンプ場です。

こんな方におすすめ

  • 札幌から1時間で行けるキャンプ場です
  • 子供が楽しめるアスレチックがある公園です
  • 鹿とも触れ合えます
  • 設備が充実しているのでソロでもファミリーキャンプでもおすすめです

ファミリー向けキャンプ場としては、まあぶオートキャンプ場もおすすめです。

まあぶオートキャンプ 風景
参考【初挑戦】 北海道 家族で冬キャンプ まあぶオートキャンプ場に行ってきました(その1)

続きを見る

-キャンプ
-

© 2020 おしゃれキャンプに憧れて