ふるさと納税

【ふるさと納税】ハングバーガーはマグネットでどこにでもフックが作れてオススメ!

今回は最近、私が気になっているキャンプギア「ハングバーガー」というマグネットフックを紹介したいと思います。

「ハングバーガー」は吊り下げるハングとハンバーガーとをかけていますが、かなり機能的なキャンプギアとなっています

こんな方におすすめ

  • テントやタープで、ランタンやハンギングチェーンをかける場所にいつも困っている方
  • ふるさと納税で機能的なキャンプギアを探している

HANGBURGER ハングバーガーとは?

出典:楽天市場

ASOMATOUS(アソマタス)

ASOMATOUSはキャンパーとしての『いちユーザーとしての感覚や思いつき』を基点としたキャンプギア作りをしており、他のブランドにはない視点からの製品が特徴のアウトドアブランドです。

今回ご紹介する「ハングバーガー」以外にも「ちょっと使い」用のナイフである「ベイルアウト」というキャンプギアがあったします。


アソマタス ベイルアウト ASOMATOUS bailout ナイフ アウトドアギア リング式 ネックナイフ フィンガーナイフ キャンプ アウトドア 【正規品】

 

そんなASOMATOUSの「ハングバーガー」は、一言で言えば、どこにでも取り付けが可能なマグネットフックです。

ハング(吊す)という言葉通り、テントやタープの天井など好きな場所に、挟んで吊すフックとなります。

リバ
ハングバーガーというネーミングセンスが絶妙です

カラーバリエーションが豊富で、オリジナルのブラックやベージュ以外にも、素材が木製となったオーク、ウォルナットや2023年秋限定色でブラックパンプキンなどもあります。

商品性能
税込価格 4,180円
サイズ 直径70×高さ30mm
重量 67g
対荷重(通常時) 800gまで

 

ハングバーガー 使い方

使い方は簡単で、まず、フックがある側とフックがない側の二つに分けます。

マグネットには強力なネオジムを使用しているので、磁力は強くなっていますので注意です
悩む猫

出典:楽天市場

フックがある側をテント内に、フックが内側を外側に設置し、生地を挟み込みます。

生地は30デニール以上が推奨されていますので、薄すぎる生地では使用不可となっています。

出典:楽天市場

あとはフックがある側を移動させれば、好きな場所にフックを作ることができます。

出典:楽天市場

もちろん、マグネットなので、金属製のものにもフックがある側を直接取り付けることも可能です。

 

注意点として、公式HPにもマニュアルがありますので詳細はそちらでご確認ください。

対荷重は800gまで(風速3m時は400gまで)、風速5m時は使用不可、落ちる場合があるので可燃性のランタンやガラス製のものは使用不可、頭上に吊すなども避けるようにとなっています。

また強力なマグネットを使用しているので、「磁気カード」「ディスプレイ」「パソコン」「携帯電話」「時計」など近づけないようとなっています。

対荷重を考えると、わが家にあるLEDライトでいうと、「ミニマライト 」「ベアボーンズ エジソンストリングライト」「キャリー・ザ・サン」は800g未満で使用できますが、「ベアボーンズ レイルロードランタン」「クアッドマルチランタン」は800gを超えるので吊すことはできません。

リバ
ゴールゼロやミニマライトなどの軽量のLEDライト用と考えた方が良さそうです

 

また、この「ハングバーガー」はふるさと納税でもいただけます。

京都府城南市への寄付ででいただけるハングバーガーはKOTOcamyという地元のキャンプショップとのコラボ限定カラーとなっています。

リバ
寄付額は18,000円と、手が出しやすいので嬉しいです


【ふるさと納税】KOTOcam限定色 HangBurger(ハングバーガー)【1362237】

 

ちなみにハングバーガー用の収納ケース「POUCH DE BURGER」もあります。

リバ
カラーはブラックの他にも、チーズバーガーというものがあり、遊び心あるデザインで面白いですね

出典:楽天市場

ハングバーガー オススメポイント

自由自在にフックが作れる

出典:楽天市場

お手持ちのテントやタープの天井などにはなりますが、好きな場所にフックが作れるのて利便性が高いです。

リバ
ここにフックがあればなぁという問題はこのハングバーガーひとつで解決です
わが家でも使用しているリビングシェルもフックをかける場所があまりなかったりするので、ハングバーガーが欲しいです
悩む猫

ランタンフックがないタープでも使えるのは良いですね。

ハングバーガー 気になるポイント

吊すものによっては生地が痛むか?

気になるのはやはり生地へのダメージですね。

本体重量は67gですが。そこにランタンを乗せた際にどうしても数百グラムになります。

それがどれだけ生地にダメージを与えるのかが気になります。

また、使用上の注意点として、テントやタープの生地やハングバーガー表面に土や石が付いている状態で挟み込むと生地を傷める可能性があります。

ハングバーガー まとめ

どこでも自由自在にフックを作ることができる「ハングバーガー」を紹介しました。

使い方としては少し注意も必要ですが、それ以上に使い勝手がよいキャンプギアです。

ふるさと納税でもコラボ商品をゲットできますので、気になる方は要チェックです。


アソマタス ハングバーガー ASOMATOUS HANGBURGER ランタンフック テント タープ 焚き火 ギア トレッキング ハイキング キャンプ アウトドア 【正規品】

10月以降ふるさと納税でもらえるキャンプギアはどうなったのか?前編
10月以降ふるさと納税でもらえるキャンプギアはどうなったのか?前編

続きを見る

10月以降ふるさと納税でもらえるキャンプギアはどうなったのか?後編
10月以降ふるさと納税でもらえるキャンプギアはどうなったのか?後編

続きを見る

ブログの応援はこちらから!

-ふるさと納税
-